『頼る』を表す ”rely on” と ”depend on”の違いって?

【英語】日常会話フレーズ

「頼る」を表すフレーズといえば、” rely on〜”” depend on〜”
どちらもよく聞くフレーズですよね。

日本語だと同じ「頼る」と訳されますが、それぞれニュアンスが違います。

信頼している気持ちを伝える時は『rely on』

自分の経験などから、「この人は頼りになる」「これなら信頼できる」と

信頼の気持ちがある場合に使えるのが『rely on』です。

I rely on my mother to help take care of my children.
(私は子育てをするのに母親の助けを頼りにしています。)

Everybody is relying on you.
(みんなあなたを頼りにしているよ)

依存度が高い『depend on』

信頼というよりも、無条件に頼っているニュアンスが強いのが『depend on』です。

依存度が高いような場合に使えます。

I totally depend on my boyfriend when we go traveling abroad.
(海外旅行をする時は彼氏に頼りきっています)

My brother depends on my parents for money.
(私の弟は両親に金銭面で頼っています。)

「depend on 人 for 名詞」という形で、「【名詞】について【人】に頼る」という使い方ができます。

「〜次第です」も”depend on”を使って表現可能

「depend on」の使い方で、もう一つとっても便利なのが『それは〜次第です』という使い方。

It depends. (それは状況次第だよ)

The price depends on the weights.(値段は重量によって異なります)

It depends on how you look at it. (それは見方次第です)

他にも、「あなた次第だよ」と言いたい時は『It’s up to you』が使えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました