一時帰国におすすめ!格安SIM【楽天モバイル】を使ってみた

ブログ全記事

2022年の4月、8月に日本に一時帰国した際、楽天モバイルを使ってみました。どんな感じだったか感想をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

一時帰国で楽天モバイルを使いました

今年の春と夏に日本に一時帰国し、その間「楽天モバイル」を契約しました。

一時帰国の際のネット回線をどのようにしようかお悩みの方、結構多いのではないでしょうか。私も普段はメキシコの携帯会社のSIMを使っており、日本に帰るにあたってまず必要だと思ったのがSIMカードでした。

色々調べた結果、楽天モバイルが1番良さそうだったので今回は楽天モバイルを契約。使ってみたところ、かなり便利で安く済んだので、これから一時帰国する方にかなりおすすめです。

楽天モバイルを使ってみた感想

使ってみて、以下4つの点が最高でした。

  • 申し込みが簡単
  • かなり安い
  • 解約も簡単
  • 楽天ポイントが貯まる

①申し込みが簡単

まず、申し込みがすごく簡単で楽でした。
ネット申し込み可能なので、一時帰国前に海外から申し込んでおけます。

申し込みフォームも複雑なものではなく、ネットショッピングの要領で申し込みが完了しました。

②かなり安い

そして利用量が安い。これが楽天モバイルを利用する1番のメリットと言っても良いと思います。

楽天モバイルでは、3GBまでインターネット利用が980円。帰国日が月末であったり、月をまたいで日本に滞在する場合もかなり安く済ませられます。

   〜3GB      980円   
〜20GB1,980円
20GB〜2,980円
△楽天モバイルの料金表

3GBまでは980円、どれだけ使ってもMAX2,980円なのでかなり安いです。

しかも、SIMカード代や初期費用がかからないので、払うのは980円(税込だと1080円)のみ。しかも電話番号も付与されるので、国内通話も可能です。

楽天アプリから電話をかければ、通話料も無料。ホテルの予約など、日本いると様々な場面で電話番号を聞かれるので、日本で使える番号があるのはかなり便利でした。

一時帰国にあたって各社SIMカードを調べましたが、楽天モバイルが圧倒的に安かったです。

ジャパンSIMカードSIMカード:33ドル/データ通信:29ドル/維持費:8ドル(初年度無料)
マイネオ【プリペイド式】音声通話+データ通信(200MB):1,100円/手数料550円
IIJmio プリペイドパック【プリペイド式】初期費用3300円/データ通信(2GB):4,170円
△各社SIMカード料金比較

プリペイド式も考えましたが、結構割高なことが判明。データ通信量以外に契約手数料やSIMカード代金がかかる場合もあるので、1080円ポッキリの楽天モバイル、かなり優秀です。

自分が今どのくらいデータを使っているかもアプリですぐ見ることができるので、3GB未満に抑えたい!という人も、調整しながら使えます。

③解約も簡単

そして解約もネットから簡単にできます。

メキシコに帰ってきて、インターネット上から解約手続きができました。よくある「解約手続きが複雑で結局解約できなくなっている」ということもなく、5分くらいのシンプルな手続きで解約が完了しました。

わざわざ電話する必要もなく、出国ギリギリまで使えるのも良かったです。

楽天モバイルの場合は2GBまで海外で無料利用できるので、一時帰国中だけでなく常時契約でもいいかもしれません。

④楽天ポイントがたまる

あと、楽天ユーザーの方は契約することで楽天ポイントが結構貯まります。(時期にもよって名前や内容が変わりますが、基本的にいつでもポイント還元キャンペーンを行っている様子)

楽天ポイントが貯まるので、なんだか得した気分になります。

▼現在は最大8000円ポイント還元キャンペーン実施中です

あと、通信速度はどうなのかな?と思っていましたが、私はあまり気になりませんでした。ネットには常時問題なくアクセスでき、通信で困ることはなかったです。

楽天モバイルは一時帰国にかなりおすすめ!

というわけで、今回の一時帰国で「楽天モバイルめっちゃ良い!」という結論に至りました。次帰る時も契約しようと思っています。

かなり便利・安く日本のSIMカードが手に入るので、一時帰国の際のSIMカード問題でお悩みの方はぜひチェックしてみてください!

申し込みはこちらから▶︎【楽天モバイル】

コメント

タイトルとURLをコピーしました